So-net無料ブログ作成
検索選択

40代半ばで白内障手術を受けました(悲)@白内障手術体験談その1 [白内障]

千葉県では暑い[晴れ]日が
続いた8月も終わり、、、
9月に突入しいよいよ秋、、、

自分にとって
今年の夏は一言で言うと
白内障手術の夏w
でした、、、

なんのこっちゃ????
自分でボケ&つっこみをするのが
いかにもオヤジらしいですが[ふらふら]、、、

自分で言うのも何ですが、、、
まだ若いw のに
白内障になってしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]、、、

これから数回に渡って
白内障手術体験記?を
アップしていく予定です。
勿論、現在もまだ
術後経過診察で
通院中ですが[もうやだ~(悲しい顔)]、、、

このネタは長いので
興味のある人だけどうぞ[ふらふら]、、、



第1回目の今回は白内障について
自分が調べたことなど
書き綴ります
(あくまでもHPなどで
見て得た個人レベルの知識なので
誤っている可能性もありますので
ご注意を、、、)


事の始めは、昨年末位から
左目側がなんとなく
見にくいなぁーと言う自覚は
あったのですが
その後の社内の健康診断で
去年までコンタクト矯正視力で
両目共1.2はあったのが
左目だけ0.4まで落ちていました[がく~(落胆した顔)]、、、

これはなんかおかしいと思い、
地元の眼科で診察してみると
白内障の初期状態との事、、、

ガーン!!!!
マジでっ???


「白内障」
言葉は聞いた事はありましたが
イメージは老人がなる病気、、、位しか
思ってなく
何も知らなかったので
その日から、白内障に関する
勉強が始まりました[わーい(嬉しい顔)]、、

ちなみに白内障とは
眼の中にあるピント調節の役割を
行っている水晶体が白く濁ってきて
見にくくなって来る事で
視力が落ちてくる病気
主に老化が原因と言われていて
老人になると、なり始める時期の前後は
あるけど
ほぼ皆さんかかる病気らしいです。
(髪の毛が白くなっていくのと同じように
水晶体も白くなっていくものらしい)
ただ、老化以外にも原因は多々あり
今回、自分がなった原因は
生まれつき近視が強かった人などは
30代位から白内障になる可能性が
あるとのこと、、、

まず、白内障はなってしまうと
現状、自然に治癒することはありません。
進行速度に差はあれど症状は進む一方です。
(点眼薬で症状の進行を遅らせることが
出来るらしいですが、効果信憑性に関しては
賛否両論みたいです。)

手術内容は
白く濁った
水晶体を砕いて吸出し
代わりに人工的な
水晶体の代わりとなる
眼内レンズを入れると言うもので
通常の手術時間は10分~30分程、、、
入院して手術も出来るのですが
最近では日帰りで手術するのが
多くなってきているようです。

本来、水晶体には厚さを調整して
ピントを調整する機能が
あるのですが、
それをピントが決まっている
人工的な眼内レンズに
交換するので遠近のピント調整が
自分の意思では出来なくなり
決まったピントでしか見れなくなります。

眼内レンズには大別して
2種類あり
ひとつは一般的に使用されている
単焦点レンズと言われるもの
こちらはピントが合う距離が
一つで固定されており
近くにピントを合わせた眼内レンズを入れると
遠くがぼやけて見えにくくなり
遠くにピント合わせた眼内レンズを入れると
近くがぼやけて見にくくなります。

そしてもう一つは
多焦点レンズと言われるもので
近くと遠くにピントが合うように
なっており、これだと
中間の距離などがぼやけるようです。
一つのレンズで長距離と短距離に
ピントが合うように作られているため
どちらにピントを合わせるか
脳で切り替える必要があるらしいです。
なんだかこう書くと難しい感じがしますが
年齢が若い人ほど
大抵の人は無意識に出来るそうです。

お値段的には
単焦点レンズを使用した手術は
保険が利くので片目で4、5万円程で
可能ですが、
多焦点レンズを使用した手術は
保険が利かないので
大体、10倍程高くなってしまうようです。[もうやだ~(悲しい顔)]

ちなみに、自分はまだ人生折り返し地点[わーい(嬉しい顔)]
まだまだ、仕事にプライベートに
目を使っていきますので
単焦点レンズではなく
多焦点レンズを選択しました。

単焦点レンズでは
せっかく30年以上付けていた
コンタクトレンズから開放されても
近くか遠くを見る眼鏡が
必要な生活になりそうなので
この際、うまくいけば、
眼鏡がいらなくなる可能性がある
多焦点レンズにしてみました。
ただし、お金は掛かりますが、、
まだこの先長い人生でみれば
安いもんでしょ、、、たぶん、、、

本当は水晶体の状態から言えば
まだまだ手術はしなくても
全然大丈夫だったのですが、、
医者の話だと
「生活に不便を感じないのなら
急いで手術をする必要はない
でも、相反して
早く行ったほうが
水晶体が硬くならないので
手術の失敗をする確立が少ない、、、」
との事、、、、

現在白内障の手術は
いくつかの条件さえクリアすれば
日帰りでも手術出来るのですが

今回自分は、
生命保険給付の関係で
入院して手術することとしました。

まとめ
白内障手術を
多焦点レンズを用いて
入院して行う

という方向性が決まったところで
その2へ続く、、、、、
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。